2010年07月14日

音感トレーニングB

ドだけ聞いてドレミファソラシドを歌う。

必要なもの
ドレミ…が12キーで弾ける


1つの音を鳴らしそれをドとして音階を歌います。

色々な音で試しましょう。
分からなくなったら楽器で音を確かめてください。音トレB
ラベル:音感
posted by トモ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音感トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音感トレーニングA

ドレミファソラシドの感覚を身につける。

必要なもの
ドレミ…が楽器で弾ける(ピアノでもいい)
聞こえる音が声で出せる

楽器で一つひとつの音を確認しながらドレミ…を歌います。

出しやすい範囲でやりましょう。

出来たら、別の調でもやってください。

音トレA
ラベル:音感
posted by トモ at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 音感トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

音感トレーニング@

音感トレーニング@

聞こえた音を歌う、もしくはハミング

ギターでもピアノでもよいです、一つの音を鳴らします。声でそれと同じ音程を出しましょう。

ほとんどの人は口を閉じてハミングの方がやりやすいようです。

色んな音程で試しましょう。

何回もやってください。そのうち頭の中にある出したい音と口から出る音が一致してきます。
音トレ@
ラベル:音感
posted by トモ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音感トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音感について

もともと音感が無かったので、論理や視覚化や他の能力で補おうとしてきました。

しかし結局のところ音楽は音に対する感受性が基盤なんだということにある時気づきました。

と、いうわけで音感の無い人間がどのように音感を獲得していったか、そのメソッドを紹介します。

何となく聞いただけで弾けてしまう人、耳コピにさほど苦労を感じない人は特に目を通す必要はありません。

ラベル:音感
posted by トモ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音感トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。