2013年04月20日

オンコード 非理論編 @

たまに出てくる FonGやDm7/G 

といった表記のコードをオンコード(ONコード)といいます。

FonG ⇒Fを弾いたらいいのか、Gを弾いたらいいんか?どっちだー!!

と、お悩みの方もいると思います。

オンコードを完全にマスターするには理論的な説明が不可欠ですが、

そんなことはどうでもいい!!今弾いてるこの曲のこのコードの押さえが分かればいいんじゃ〜!!

という方のためによく出てくるオンコードのフォームを載せます。


オンコード完全攻略のための理論編は後ほどアップします。

ここではたった一つだけ覚えておいてください。

FonG と F/G は同じです。

表記が違うだけです。onと/は同じくオンと呼びます。

ここでは / の方を使わせていただきます。 


さて、

オンコードと一括りにされていますがいくつか種類があります。
名前が違っても同じ種類のコードは同じ形になるのがギターのいいところです。

非理論編@では、W/X と Um7/X に分類されるコードを載せます。

上の名前は分からなくて結構です。下に書いてあるコードを知りたければ続きを参照ください。

◇W/X系

F/G
F#/G#またはG♭/A♭
G/A
G#/A#またはA♭/B♭
A/B
B♭/C
B/C#
C/D
C#/D#またはD♭/E♭
D/E
E♭/F
E/F#

◇Um7/X

Dm7/G
D#m7/G#またはE♭m7/A♭
Em7/A
Fm7/B♭
F#m7/B
Gm7/C
G#m7/C#またはA♭m7/D♭
Am7/D
A#m7/D#またはB♭m7/E♭
Bm7/E
Cm7/F
C#m7/F#またはD♭m7/G♭




続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

コード全集Lアドナインス、add9

良く出てくるコードなのに忘れてました!!
add9=アドナインスです。

Cadd9,Dadd9,というようにアルファベットの後にadd9が付け足されます。

構成音は、長三和音+長二度です。

すなわち、ルート、長三度、完全五度、長二度、です。

長二度の別名が長九度=9=ナインスです。
addとは付け加えるという意味です。
C9と書くと、C7に9を加えたコードの意味になります。
7が入っていない時にadd9の表記になるという記譜上のルールです。

押さえを見ていきましょう。
続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

コード全集Kオーギュメント、aug

ここでは、aug,オーギュメントと呼ばれるコードを解説します。

表記は、Caug,Daug,の他、C+5(シャープ5と読む)D+5、と書くことがあります。
どちらも同じ意味です。

構成音は、

ルート、長三度、増五度、の三つです。

増五度とは、完全五度が半音上がった音で短6度と同じ音程です。
このの事を英語でaugオーギュメントといいコード名になっています。

では、押さえを見ていきましょう。
続きを読む
タグ:コード
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

コード全集Jセブンサスフォー、7sus4

sus4はサスフォーと読み、サスペンデットフォースの略です。
それにセブンスの音が加わったのが7sus4です。

C7sus4、E7sus4、のように7の後にsus4が付け足されます。

構成音は、sus4+短7度

すなわちルート、完全四度、完全五度、短七度の四つで出来ています。

では押さえを見ていきましょう。続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

コード全集Iサスフォー(sus4)

sus4はサスフォーと読み、サスペンデットフォースの略です。

Csus4、Esus4、のようにアルファベットの後に付け足されます。

構成音は、三度がなく

ルート、完全四度、完全五度、の三つで出来ています。

では押さえを見ていきましょう。続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

コード全集Gシックス

ここではシックスと呼ばれるコードを紹介します。

表記はC6、G6、B6、などアルファベット+6です。

構成音は、

長三和音+長六度

すなわち、ルート、長三度、完全五度、長六度、です。

押さえ方を見ていきましょう。
続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

コード全集Fディミニッシュドセブンスコード

全集Fはディミニッシュドセブンスです。
または単にディミニッシュと呼ばれるコードです。

表記はdim7もしくは単にdimにされることもあります。
略して○で表す事があります。(A○、B♭○など)

このコードは、ルート、短三度、減五度、減7度(長6度)、の組み合わせです。

減7度は短7度が更に半音下がった音です。この音が英語名ディミニッシュド7ス、コード名になってます。
音程的には長6度と同じです。

音程、インターバルについては別で詳しく解説します。

ここではdim7と呼ばれるコードの押さえ方を画像で見ることが出来ます。

初心者の方はきっと参考になると思います。続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

コード全集Eマイナーセブン♭5

全集Eはマイナーセブン♭5です。

長い名前です。表記はm7♭5もしくはm7-5です。
長いので略してΦで表す事があり、ディミニッシュコードと構成音が似ていることからハーフディミニッシュと呼んだりします。

このコードは、ルート、短三度、減五度、短7度、の組み合わせです。

減五度の事を♭5と表記しているわけです。

音程、インターバルについては別で解説します。

ここではm7-5と呼ばれるコードの押さえ方を画像で見ることが出来ます。

続きを読む
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。