2013年04月29日

スケール全集@ メジャースケール 長音階

スケールについて解説します。
音名と音程についての知識が不可欠なので先に基礎知識カテゴリーの「音名」「音程」をさらってください。

第1回はメジャースケールです。

Cmajsc五線.jpg

このスケールから様々なモードが派生します。
本格的にギターをやっていきたい方はこのスケールを死ぬほど身体に染付けてください。





メジャースケール=長音階はドレミファソラシドの音階でなじみがあります。

ドレミファソラシドはメジャースケールの中でもド(C)から始まっているメジャースケールという意味で正式にはCメジャースケールといいます。


この音階の各音のインターバルは、

全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音
となっています。
このインターバルこそが音階の雰囲気を決定している要因です。

Cから始めて全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音と音を並べていったものをCメジャースケール

Aから全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 と並べていったものをAメジャースケールといいます。

E♭からならE♭メジャースケールです。


しつこくくり返しますが

全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 

の並びがメジャースケールです。


Cメジャースケールの各音とインターバルを確認してみます。

スケール
C(ド)D(レ)E(ミ)F(ファ)G(ソ)A(ラ)B(シ)C(ド)

C〜D 全音
D〜E 全音
E〜F 半音
F〜G 全音
G〜A 全音
A〜B 全音
B〜C 半音

ピアノの白鍵がCメジャースケールにあたります。
間に黒鍵を挟んでいるのが全音
黒鍵が間にないところが半音です。

鍵盤があったら確認してください。

ミとファの間
シとドの間には黒鍵がないのが分かると思います。

図T鍵盤
鍵盤.gif


さてさてギターだとどうなるでしょう。

2弦の1フレットがドです。
ここから全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 に音を並べてみましょう。

全音はギターの指板上で2フレット上の音
半音は1フレット上の音です。

すると下の図のようになります。

図U
メジャー2弦.jpg


これが2弦上のCメジャースケールです。

他の弦でも音を探してみましょう。

1つでも音が分かっていればそこから辿って見つけ出せるはずです。



図V
Cメジャー全域.jpg


さて次に他のメジャースケールについて考えてみます。

Fメジャースケールはどうでしょう。

Fから全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音 に音を並べてみましょう。


すると

F〜G 全音
G〜A 全音
A〜B♭ 半音
B♭〜C 全音
C〜D 全音
D〜E 全音
E〜F 半音

になり、Bが♭してます。

Bのままだと全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音になりません。

全音 全音 全音 半音 全音 全音 半音になります。

3つ目のインターバルが半音になってませんね。
これはCメジャースケールをFから始めた音階です。

Fメジャースケールとは異なる音階です。


Gメジャースケールはどうなるでしょう。

G〜A 全
A〜B 全
B〜C 半
C〜D 全
D〜E 全
E〜F# 全音 ※Fのままだと半音になってしまう
F#〜G 半音 ※Fのままだと全音になってしまう



と、いうようにどこかの音を♭、あるいは#させ全音 全音 半音 全音 全音 全音 半音のインターバルにします。

それがメジャースケールです。

以下は12種類のメジャースケール一覧です。
=は全音
-は半音
を示しています。

図の赤丸はルートです。

◇Aメジャースケール

A=B=C#-D=E=F#=G#-A

Amajsc.jpg


◇B♭メジャースケール

B♭=C=D-E♭=F=G=A-B♭

B♭majsc.jpg

◇Bメジャースケール

B=C#=D#-E=F#=G#=A#-B

Bmajsc.jpg


◇Cメジャースケール

C=D=E-F=G=A=B-C

Cmajsc.jpg


◇D♭メジャースケール

D♭=E♭=F-G♭=A♭=B♭=C-D♭

D♭majsc.jpg


◇Dメジャースケール

D=E=F#-G=A=B=C#-D

Dmajsc.jpg

◇E♭メジャースケール

E♭=F=G-A♭=B♭=C=D-E♭

E♭majsc.jpg


◇Eメジャースケール

E=F#=G#-A=B=C#=D#-E

Emajsc.jpg


◇Fメジャースケール

F=G=A-B♭=C=D=E-F

Fmajsc.jpg


◇G♭(F#)メジャースケール

G♭=A♭=B♭-C♭=D♭=E♭=F-G♭

F#=G#=A#-B=C#=D#=E#-F#


※上記2つ同じもの、♭系か#系かで呼び名が違う

F#majsc.jpg


◇Gメジャースケール

G=A=B-C=D=E=F#-G

Gmajsc.jpg


◇A♭メジャースケール

A♭=B♭=C-D♭=E♭=F=G-A♭A♭majsc.jpg


◇モードとしてのメジャースケール

メジャースケールはモードとして使われる時はイオニアと呼ばれる。

ルートを同じくするメジャートライアドコード、メジャーセブンスコードと結びついており、

それらのコード上で即興演奏に使われる。

作曲者が演奏者に「そこのDM7はイオニアで弾いてくれ」というように即興部分のサウンドを指定する時にも使われる。


練習もコードと結び付けてするのが実用的です。

練習法はまた別の機会に☆☆












ラベル:理論 スケール
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スケール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。