2012年12月02日

コード全集Kオーギュメント、aug

ここでは、aug,オーギュメントと呼ばれるコードを解説します。

表記は、Caug,Daug,の他、C+5(シャープ5と読む)D+5、と書くことがあります。
どちらも同じ意味です。

構成音は、

ルート、長三度、増五度、の三つです。

増五度とは、完全五度が半音上がった音で短6度と同じ音程です。
このの事を英語でaugオーギュメントといいコード名になっています。

では、押さえを見ていきましょう。
◇解説
基本フォーム
6弦ルート セーハではないんです。1・5弦はミュート!!
Bb+5R6.JPG
注)5弦のミュート
+5R65弦消.JPG
注2)1弦もミュート!!
+5R61弦消.JPG

5弦ルート
C+5R5.JPG
注)セーハではない、4弦はミュートしている


Aaug

6弦ルート 人差し指5F
A+5R6.JPG

5弦ルート
A+5R5.JPG
注)6弦ミュート


A#augまたはB♭aug

6弦ルート 人差し指6F
Bb+5R6.JPG

5弦ルート 
Bb+5R5.JPG


BaugもしくはC♭aug

開放弦を使ったBaug(5弦ルート)
B+5R5-2.JPG
注)2・3弦開放、6弦ミュート

6弦ルート 人差し指7F
B+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指2F
B+5R5.JPG

Caug

ローポジション手軽なCaug(5弦ルート)
C+5R5-2.JPG
注)1弦はミュート、
C+5R5-21弦消.JPG
2弦はちゃんと押さえている

6弦ルート 人差し指8F
C+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指3F
C+5R5.JPG


C#augもしくはD♭aug

6弦ルート 人差し指9F
Db+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指4F
Db+5R5.JPG


Daug

ローポジションDaug(4弦ルート)
D+5R4.JPG
注)5・6弦ミュート
D+5R45弦消.JPG

6弦ルート 人差し指10F
D+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指5F
D+5R5.JPG


D#augもしくはE♭aug

6弦ルート 人差し指11F
Eb+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指6F
Eb+5R5.JPG


EaugもしくはF♭aug

6弦ルート
E+5R6.JPG

もしくは5弦をミュートして、
E+5R6-2.JPG
注)薬指で5弦をミュートしている

5弦ルート 人差し指7F
E+5R5.JPG


Faug

6弦ルート
F+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指8F
F+5R5.JPG


F#augもしくはG♭aug

6弦ルート 人差し指2F
F#+5R6.JPG


5弦ルート 人差し指9F
F#+5R5.JPG


Gaug

開放弦を使ったGaug(6弦ルート)
G+5R6-2.JPG
注)2・3弦開放

6弦ルート 人差し指3F
G+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指10F
G+5R5.JPG


G#augもしくはA♭aug

6弦ルート 人差し指4F
G#+5R6.JPG

5弦ルート 人差し指11F
G#+5R5.JPG
タグ:コード
posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299668061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。