2012年10月05日

コードレッスンU-1

コードレッスンU-1

コードレッスンUではキーCのコード群をマスターし転調などのない簡単な曲を弾けるようにしていきます。

Uの概要

☆@ CとG7 
  練習曲 よろこびの歌 もみじ

A F△7(Fメジャーセブン)と六弦の消音(ミュート)
  練習曲 故郷 キラキラ星 アメイジンググレイス

B Am7とEm7
  練習曲 また会える日まで 乾杯

C Dm7とD7
  練習曲 空も飛べるはず スタンドバイミー




C△7とG6

コードCとGの代理としてC△7とG6をはじめに習得します。

この二つのコードは押さえが簡単でかつ形が似ているのでコードチェンジがやりやすいのです。

図@
コードU.JPG

C△7(シーメジャーセブンス、△はメジャーと読む)
中指で4弦の2f(フレット)
薬指で5弦の3f を押さえます。

C△7.JPG

自分視点
C△7横.JPG

押さえられたら六弦から一本ずつ鳴らしてゆき音がちゃんとなっているか確認しよう!!

押さえた指が隣の弦に触って音を止めてないように、指を立てて押さえましょう。

爪が伸びているとうまく立てられないよ!!爪の白い部分がなくなるくらい切ると押さえやすいです。

あとは人差し指の付け根が一弦に触れて音を消してしまう場合もあるのでご注意を。


G6

次はG6

中指が五弦 2f
薬指が六弦 3f

C△7の押さえ方と同じで弦がずれただけですね。

G6.JPG

自分視点
G6横.JPG

これも一本一本鳴らしてみましょう。注意点はC△7と同じです。

両方鳴らすことに成功したら、図@の中ほどにあるコード進行でコードチェンジの練習をします。

4拍ずつC△7とG6を交互に弾きます。

慣れてきたらテンポアップして弾いてください。
コードが変わるところで遅くならないようにね。

指を脚に見立てて両足でジャンプするイメージです。

うまくできたかな?

出来たら今度はもう一つ指を加えてCとG7にします。



C△7を押さえ、余っている人差し指で二弦の1fを押さえます。

C.JPG

自分視点
C横.JPG

人差し指が加わったことで一弦に触れやすくなります。気を付けてください。

また、完全にならなくても気にせず先に進んで結構です。
コードがいつもきれいに鳴るようになるのはずっと先の事だからです。

完璧主義を貫くと先に進めなくなるので現時点では6本中3本鳴っていれば良しとします。

G7

G6を押さえ余っている人差し指を一弦1fに付けます。

鳴り辛いのは5弦、

でも5弦は鳴っていなくてもこのコードはコードとして成立するのであまりこだわらないでOKです。

さて、CとG7が鳴ったなら同じようにリズムに乗ってコードチェンジする練習をしてみましょう。
4拍ごとにCとG7を行ったり来たりしてコードチェンジを身体に覚え込ませます。

結構しつこくやった方がいいよ。

さて慣れてきたら練習曲で試してみましょう。

ベートーベンの第九から、よろこびの歌

日本の童謡から もみじ

この曲は2つのコードで出来る珍しい曲です。やってみてください。

先ずは一拍毎にコードを弾いてください。
どちらも4拍子なので一小節に4回弾いて次の小節に進みます。

よろこびの歌は一か所トリッキーな場所があって4拍目にコードが変わる場所があります。

コードU 曲.JPG

止まらずに出来たら合格です☆

U-2に続く…






















ラベル:レッスン ギター
posted by トモ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コードレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。