2012年09月03日

メロディレッスンU-1

メロディレッスンU

レッスンUではハイポジションを使った高音部の練習、ギターという楽器の構造から指板全体の音を簡単に把握することをお教えします。

レッスンU 概要
☆@ 一弦ハイポジションの導入

A 二弦ハイポジション

B 指板全体の音

メロディレッスンTでは最高音が一弦3fのソでした。

ここでは、さらに上の音ラ、シ、ド、レ、ミ、ファを追加します。

図@の上部を見てください。

図@
メロUー1.JPG

ラシドとレミファの形が同じです。

5fを人差し指でラ、7f薬指でシ、8f小指でド、を押さえます。

ここまで来たら手を滑らせて

10fを人差し指でレ、12f薬指ミ、13f小指でファ、と押さえます。

出来ましたか?

滑らかに弾くには、ドからレに行く時素早く手を滑らせることです。

音の高さは、図@の中部に書いてあります。
五線の上のラから始まります。

この辺になると読みづらいと感じるかと思いますががんばって読みましょう。そのうち慣れます。


さて曲に行く前にこの指板垂直方向移動の練習をしておきましょう。(図@下部)

一弦開放のミから始めて、ミファソ、ラシド、レミファ、

13fファまで来たら今度は下がります。

ファミレ、ドシラ、ソファミ

一つ一つの音が繋がって弾けるように練習してください。

ここで取り上げた運指は数多くある中の一つです。
この運指は音の位置が覚えやすいので取り上げました。

曲によっては異なる運指で弾いた方が簡単に弾ける場合があります。

どの指使いが易しいと感じるかは個人によりますので一概には言えませんが、
同じ指を連続して使うのをなるべく避けた方が良いでしょう。

では実際に曲を弾いてみましょう♪

練習曲
メロUー1曲.JPG

出来ましたか?止まらずに弾けたら合格です。

posted by トモ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289996115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。