2012年07月27日

コードレッスンT−3

コードレッスンTは、初めてギターを触る方を対象にしています。

第三回では、覚えた三つのコードで色んな曲を弾いてみます。

また、add9ではなくノーマルなA,Dも覚えます。

 T−1 Aadd9 と E
 T−2 Dadd9 と ミュート(消音)のテクニック
☆T−3 ADEで色んな曲

さて、先ず普通のA,Dというコードを押さえてみましょう。

add9より一つ押さえる弦が増えています。

図@
コード1−3.JPG

Aは窮屈なくらい指を寄せ合ってください。
A.JPG

Dは六弦のミュートを忘れずに
D
D.JPG

ミュートが分からない方はコードレッスンT−2に戻りましょう。

それぞれ音が出るようになったら、図@下部の練習用のコード進行を弾いてみましょう。

練習Bは三拍子です。
拍子が分からない方はリズムレッスンT−1へGOです。


さてここは、出来ても出来なくても先へ進みましょう!!

ADEで弾ける曲をいくつか用意しました。
曲を弾きながらの方が楽しく練習できまするんるん

A,Dがうまく弾けない人は、add9を使って弾いてください。
add9で弾くとちょっとおしゃれな感じになりますよ耳

練習曲
コード1−3曲.JPG

コード1−3曲2.JPG

A,D,Eという三つのコードは、
Aのキーの主要三和音といいます。

Aから始まる曲の骨格のようなものです。

素朴な曲はこの三つだけで成り立ってしまうことが多いです。

探せば色々な曲をADEで弾くことが出来ることに気付くでしょう。

音感を高めるトレーニングにもなりますので挑戦してみてください手(グー)

そこまで出来たら完全にマスターしたと言えます。





posted by トモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コードレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。