2010年07月30日

電車の中での練習法を…

Q 電車の中での練習法を教えてください。


A 僕も電車の時間が長いのでいつも工夫して練習しています。
  効果のあった方法をいくつか紹介します。


@五線譜の読譜

学生の頃、五線譜に慣れていなかったので電車の中で読みました。
「ド、レ、ファ、ソ、ミ、ラ#」
すぐ眠くなりました。

Aリズム練習

足で拍を刻み、指でリズムを叩きます。二拍三連や16分や色々なリズムを練習しました。@の読譜と合わせるとより難易度が上がります。

Bスケールイメージ

スケールの指板上の位置を覚えるのは苦労するものです。
頭の中でギターの指板を想像しスケールを弾いていきます。

押さえる指まで想像できたら最高です。

音まで想像できたら最強です。

実際に動かさなくても神経が構築されるので本当に上手くなります。

Cメトロノーム

デジタルのメトロノームをイヤホンで聞きます。
メトロノームの聞き方を変えていきます。

2と4でとってみたり、一拍半で鳴っているととってみたり、二拍三連で鳴っていると聞いてみたり。

メトロの聞き方はマニアックなので別の記事で紹介します。

D理論の勉強をする

色々な本が出ています。弾くことが出来ないときに吸収しましょう。

E頭の中でソルフェージュ

五線譜を見て音を想像します。
初めは童謡のような簡単な曲からやります。
知らない曲が頭の中で鳴るようになったらしめたものです。
弾く前に分かるというのはとても有利です。



以上六つの練習法を紹介しました。
電車に限らずどこでも出来るので活用してみてください。
ラベル:Q&A
【関連する記事】
posted by トモ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。